*

【本】「思考のパワー」を読んでみた

公開日: : 最終更新日:2018/06/14 本 books, 植物 plants , , , ,

 

紅玉の発芽

芽吹き! 去年食べた紅玉リンゴのタネを蒔いてみたら、芽を出しました!

 

で、きょうは、最近ちょっと感動した本について書いてみたいと思います。

最近読んだ本。
ブルース・リプトン著 「思考のパワー」。

これまで習ってきた、知ってると思っていたことが
けっこう書き換えられるという痛快な体験がここにあったんです。

日本語のタイトルからは、精神論か?? とか
思い方のハウツー本か?? という印象でしたが、これ、科学の本です。

著者のブルース・リプトン氏は
スタンフォード大学やウィスコンシン大学の医学部で教鞭をとる細胞生物学者。

細胞生物学者が語る、「思い」の力。
そのココロはなんぞや?

言ってしまえばですね、

私たちが
「こうする!!絶対!」と思えば
それにつれて物質も動く、ということなんです!

な~んだ、そんなの知ってるよ、と思われるかもしれません。

ほら、あれでしょ、
「念ずれば通ず」とか
「病は気から」とか。

何事も気の持ちようが大事だよね。。気をしっかり持たなくちゃね。
まあ、そのくらいのことを思いつくのは簡単です。

もうちょっと大きく言えば、たとえば
かのイエス・キリストの「からし種ほどの信仰」の話があります。

「もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ』と言えば移るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。」
— マタイの福音書17章20節

信仰のパワーで山も動くってわけですね。神様ってすごいね。。。

。。。という話じゃないんです。

 

この本はあくまで科学の本。

地球の生き物たちが進化してきた過程とか
遺伝子がどう発動してくるのかとか、
ていねいにいろいろな事実について説明がされています。

そのたくさんの事実を見て行くと、
どうも進化というのはこれまで言われていたみたいに
ある日、たまたま起きるものじゃないんだってことが分かってきます。

 

ところで、毎日、ニュースとかを見ていると
「長年生きているけど、こんなこと初めてだよ」というようなことが
やたらと起きてる気がする昨今じゃないでしょうか。

例えば、私たちの毎日の暮らしに関係の深いところ。

食べ物のこと、環境のこと。
仕事の仕方、家族の在り方。
そんなことまで、ずいぶん違ってきたなあ。。。
それも、けっこうなスピードで世の中動いているみたい、と感じます。

懐かしい昭和の時代。懐かしい20世紀を振り返って、
あの頃はよかったよね~なんて思っている人、私の周りにもいます。

考えてみると、大量生産・大量消費だった時代から、
もっと個別な、小さな単位で質を求める時代になってきたようでもあります。

個性あるお店が増えたり、小さな単位での仲間同志がコミュニティーを作ったり。
「個」をしっかり持っていることが強みになってきました。

よく分からないけど、これまでの常識が通じなくなってるというか、
考え方も新しくなって、価値観も変わって来てる。

そろそろアタマをそうした21世紀仕様に切り替えないといけませんね。

そのときに、どんなふうに考えたらいいのかな、って気になります。
しっかりしなくちゃ、と思っても、
その日の気分で前向きに思ったり、否定的に思ったり、迷ってばかり。
でも、ときには
「こうする!」ってしっかりした気持ちになることもあります。

迷わない人は強い。
一途に「こうしたい!」っていう強い思いがあったら
無敵とは言わないまでも、かなり強く生きられそうです。

そんなふうに一生懸命になれたことが、
誰にでも一度や二度あるんじゃないでしょうか。

そんなときのことを思い出してみると、「思い方」こそが、
実は、私たちのココロばかりじゃなく、体にもエネルギーを与えることがわかります。

逆を考えてみても、例えばすごくがっかりしたことで
どっと疲れたこともありますよね~(泣)。

「思い方」が細胞に大きな影響を与えるんだ、ってこと、
影響があるってことは、「思い方」で細胞も変わるっていうこと、

ちゃんと「思う」ことができたら
ホントに山が動くかもしれない!という気がしてきました。

ああ、ほとんど何も知らずにここまで来たのね、私たち。(泣笑)
でも、私たちの持っている可能性、すごく大きいぞ、とも言えるわけです。

一つ不満。
なんか、タイトルがベタでいやだなあ~、と思いましたよ。(笑)
で、それじゃあどんなタイトルが良かったんだろ、と思って
自分なりにあれこれ考えてみたんですけど、うーん、
やっぱり「思考のパワー」なのかなあ。^^;

簡潔ですもん。

で、原題は「Spontaneous Evolution」。
直訳すれば、「意識的な進化」とでもいうんでしょうかね。

さて、一番気になるのは、
私にも思考のパワーが発揮できるか、ってことでしょうか。

でもね、発揮できていなかったら、
私は今ここに生きていないってことになるハズですけどね。

思考のパワー—意識の力が細胞を変え、宇宙を変える

「からし種の信仰」の話も、実は神様のスーパーパワーの話じゃなく
こういうことを言っているんだなと私には思えました。

 

そういえば、何十年もしないうちに、
日本人の顔つきや体型って変わってきましたよね?
なんで、時代によって、姿形が違うのか、ってことも
人の「思い」に関係あるんじゃないか、とふと思いました。

「思い」と言っても、
普段、「きょうはアイスが食べたいな」とか思うお気楽な思いから
「この研究が成果を出して、困っている人を助けることができたら」
というような、ちょっと大きなものまでありますね。

きっと、もっと大きくて、もっと深い
時代の背景になるような思いもあるんでしょう。

冒頭に乗せた写真、タネから芽が出たところですが
植物にもなにがしかの「思い」があって、こうして伸びるのかな、と。

だとしたら、宇宙は思い、意志に満ちているってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ザクロ実る

ザクロ

  キラキラの宝石のような粒はザクロ。 毎年注目しているザクロの木がふ

記事を読む

セリの花

ひみつの

  水辺にセリがたくさん生えていました。。と思ったら、 いくつかが花を咲か

記事を読む

Fallen

散ったもの

  雪が固まっていた道の隅っこ、やっと溶けた後に出てきたもの。 見事で

記事を読む

白いシクラメンの新芽

白い花のシクラメンは新芽も

  真っ白な花が去年美しかったミニシクラメンの鉢植えです。 これまで普通の

記事を読む

百日紅

2色の百日紅

  今年も百日紅(サルスベリ)が満開。 ピンクが目立ちますね。 ふじ

記事を読む

Jonathan Livingston Seagull

かもめのジョナサン再読

キンドル版が安くでていたので、買ってみました。 「かもめのジョナサン」英語版。

記事を読む

赤いハナミズキ

赤いハナミズキ

  ふじみ野市の勝瀬原記念公園に沿ってハナミズキの並木があります。 ふじみ

記事を読む

朝顔

朝顔が咲いた! 去年のプランターをほったらかしにしていたら、 にょきにょき育ってたく

記事を読む

ウコンの桜

ウコンの桜

富士見市の勝瀬原記念公園には桜がたくさんあって、 ソメイヨシノはすでに散り始め、ハラハラと

記事を読む

コンニャクの花

コンニャクの花とか

  コンニャクの花が咲いているから見てごらん!と声をかけてもらい ふじみ野

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


デンマークの刺繍ドロンワーク

白い布の糸を抜いて刺繍をほどこし、窓が開いて模様になるんですね

手作りカレーパン
カレーパンとライ麦パン

できた~♪ 初めてのカレーパン、揚げたてアツアツです! 幸せ

ウランガラスのお皿
ウランガラス

チェコのアンティークガラスというものを見てきました。 浅草の

梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑