*

東武東上線

公開日: : 最終更新日:2014/01/26 町 town, 駅 Station , , ,

東武東上線

東武東上線 Tobu Tojo Line

 

ふじみ野市民の足といえば、東武東上線。
東京の池袋から埼玉の寄居まで、約75㎞の距離を結んでいる鉄道です。
生まれたときからこの沿線に住んでいる私にとっては、故郷の足ですね~。
昔から何度も車体の色とかは変わりまして、今はこれが主流の一つ。
ふじみ野駅近くの踏切から撮影、ちょっと先頭部分にピントが合わなかったけど、
まずまずかな~。
快速池袋行き。
快速ができたのは去年のこと、急行、準急に加えて登場したんですね。
まあ、ふじみ野はどれも止まるので、いいんですが。

ふじみ野駅近くの線路

ふじみ野駅近くの踏切からちょこっと撮影。鶴瀬方面(東京方面)を見ています。
踏切の真ん中に立ち止って写真を撮るって、
ちゃんと列車が通り過ぎたあとなので別に大丈夫なんだけど、
なんだかちょこっとドキドキしちゃいました。

線路は続くよ~。。って歌がありましたね。
鉄の線路が長々と伸びている風景って、ちょっとドラマチック。

敷かれた線路を行く、なんていうとちょっとネガティブかな。
でも、こうして線路をひいた人たちがいて、
毎日当たり前のように列車が通って、当たり前のように人やモノが行き来して。
幸せな風景ですよね。

日本では、首都である東京近郊にこうして鉄道網が張り巡らされ、
安定して運行を続けることに成功したために
都市にスラムができずに済んだのだそうです。
ハード面の技術に加えて、運行の安全を守るソフト面での技術も高いんですもんね。

東武東上線って、考えてみれば沿線の人口は多いのに、
どこかとってもローカルなイメージばかりがあったんですが、
(地元民がそんなことでどーするよっ。。もっと自慢に思えよっ(笑))
こんな本が出ていますね。
意外と知らないことがいっぱい!
身近なのにまだまだ探検しがいがありそうですよ。

  

 

東上線開業100年記事

今年、2014年は東上線開業100周年なんですね。新聞の埼玉版に記事がありました。
そうすると、イベントや記念品などいろんなもので盛り上がりそうですね。

関連記事

ジャム博覧会

ジャム博覧会と太陽のマルシェ

有楽町の交通会館前の広場で、ジャムの博覧会があると聞いたので出かけました。 全国ジャム博覧

記事を読む

鷺森高架橋

鷺森高架橋

夜明け。 ふじみ野、鷺森高架橋の風景です。 ここに来ると、日の出も富士山もよく見える

記事を読む

東久保中央公園

東久保中央公園

ふじみ野市の大型スーパーAeonの脇にある広々としたスペースは 東久保中央公園です。 き

記事を読む

ドウダンツツジ

投票日

  とっても寒かった朝。 朝日に映えるドウダンツツジの赤がキレイでした。

記事を読む

亀屋

蔵造り

きょうは川越。 ご存じ、蔵造りの地区をちょこっと歩いてきました。 写真はお菓子の亀屋

記事を読む

川越の看板

唐突に川越です

川越はこちら、という案内板。 とっても唐突なのは、ここが池袋駅東口だってこと。 だっ

記事を読む

ハナミズキ

ハナミズキ

  ふじみ野市駒林にあるヤオコー沿いの通りは、 ハナミズキの並木になってい

記事を読む

川越駅西口2階通路

川越駅西口

川越駅の西口が新しくなりましたね。 2階から直接外へ出られて、ロータリーを横切ることができ

記事を読む

wacci ハーブパン

川越パンマルシェ

  川越パンマルシェに行ってみました。 西武新宿線本川越駅から近い、蔵

記事を読む

水天宮そばの道

曇りの朝

お天気下り坂のふじみ野地方です。朝は曇り、小雨が降り始めました。 コスモスきれいです。水天

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


デンマークの刺繍ドロンワーク

白い布の糸を抜いて刺繍をほどこし、窓が開いて模様になるんですね

手作りカレーパン
カレーパンとライ麦パン

できた~♪ 初めてのカレーパン、揚げたてアツアツです! 幸せ

ウランガラスのお皿
ウランガラス

チェコのアンティークガラスというものを見てきました。 浅草の

梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑