*

「夜間飛行」読みました。よかったです

夜間飛行

去年あたり読んだ本からお気に入りを。
なんだかステキなタイトル、と思って買った
サンテグジュペリの「夜間飛行」。
比較的短くて、読みやすそうだなとも思いました。

長い物語を読み込むことに憧れるんですが、スタミナが続かないことも多く
また読みこなせないなあ。。。と感じてしまうこともあって
この本の薄さはちょっと魅力でした。
(う~ん、読書体力つけないとイカンと思いつつも)

サンテグジュペリと言えば、「星の王子さま」が超有名。
子どものとき、クラスの子が読んでいたのは目撃したけれど、
自分は大人になるまで全然読んだこともなく、
ふ~ん。。タイトルは知ってるけどね~、くらいのノリでした。

でも、その「超有名」のとは違うこの著者の作品がいくつもあると知ったのは
だいぶ後になってから。

で、今回、初めて手に取ってみたわけです。
短いお話です。すぐ読めます。
物語の中の時間は2時間だけなんです。

で、すぐ読めるんだけど、すぐ読み終わりません。(笑)

本のカバーにはこんなふうにあらすじが書かれています。

「南米大陸で、夜間郵便飛行という新事業に挑む男たちがいた。ある夜、パタゴニア便を激しい嵐が襲う。生死の狭間で懸命に飛び続けるパイロットと、地上で司令に当たる冷徹にして不屈の社長。命を賭して任務を遂行しようとする者の孤高の姿と美しい風景を詩情豊かに描く。」

けれども、この短い紹介文が醸し出しているちょっとハードな空気感と、
「夜間飛行」というどこか甘美さを感じさせる(香水にもある名まえだから?)タイトルにはギャップがあるんじゃないかなあと感じました。

で、実際に読んでみると、なるほどその印象が正しく(笑)、
短い物語の中の集中した奥深さというか
すごい透明感というか。。

そんなものを感じて、ひとつひとつの場面がくっきりするので
さっさと進まないのですね。

ひとつひとつの情景はシンプルなこと。
私たちの日常と同じと言っていいかもしれません。
だから、この物語の中では、
丁寧に毎日を暮らす普通の人の普通の努力が見える気がしたんです。
それをパパッと通りすがりに見るのではなくて、
丁寧に見ればこんなに、「なにやらすごいこと」に見えてくる。

本当は誰もがそんなすばらしさを持っているのに
誰もそこに向き合わないまま時間だけが過ぎているのかなと
思いたくなる風景でした。

行間にドキドキします。

語られない、語り得ない何かに包まれているような気がして。

文章がすてきすぎて、
読めないって分かってるのにフランス語版も買ってみました。(笑)

でもこういうときは、眺めているだけでもいいんです。

 

 

 

 

関連記事

angels & demons

久しぶり面白い本を読んだ~ 「天使と悪魔」

コレです。久しぶりに面白かった~。 買ったまま置いてあったのを見つけて読んでみました。

記事を読む

3色灯り

夜の一角を歩く

蒸し暑い東京の夜。 夜にただ歩くって、意外と好きなんです。 昼間とは違った風景が見ら

記事を読む

ロメロ・ブリット展から

ロメロ・ブリット展

ブラジルを代表するアーチスト、ロメロ・ブリットの展覧会に行ってきました。 これまで知らなか

記事を読む

あん塩パン

塩パンに思う

近所のスーパー、ヤオコーであん塩パンを買いました♪ 塩パンにアンコが入っていて、甘くて

記事を読む

フォトブック@天狼院

写真集できた!

写真集ができました。 今年始めから取り組んでいた「写真集を作って天狼院で展示しよう!」

記事を読む

ねこカー

ねこカー発見

ネコバスならぬ、ネコカー発見! ふじみ野にある苗間神明神社ちかくに、こんなカワイイ車が

記事を読む

blackstar

Blackstar

結局買った~。David Bowieの最新の、そして最後のアルバム。 Bowieの昔の

記事を読む

オレンジの川

ナゾのオレンジ色

散歩をしていると、いろいろなものに出くわします。 ときにはびっくりするようなものにも。

記事を読む

2016年に良かったもの~ロシアの歌

2016年、いろいろ面白いものに出会いました。   音楽ではこれが印象的だった

記事を読む

骨董市

古いもの

東京国際フォーラムで定期的に開かれている「大江戸骨董市」。 友だちと出かけてきました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


田んぼ
水の国

近所の田んぼに水が入りました。 こういう風景を見ると、日本っ

チーズ通になったかな?

小田急線の経堂駅。遠近法の見本みたいなところだね~。 ホーム

写ルンですで撮影
昭和レトロな

懐かしい雰囲気になる写真は「写ルンです」で撮影しました。 昭

blackstar
1年後のBlackstar

さて、去年、デヴィッド・ボウイの最後のアルバム「Blackstar」を

藤の花
近所で早朝の花撮影

藤の花がそろそろ終わり、散り始めたふじみ野地方です。 藤の花

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑