*

ミュシャ展

公開日: : 最終更新日:2017/04/03 展覧会, 東京 Tokyo , ,

ミュシャ展

ミュシャ展を見てきました!

有名なアールヌーボーの作品など、どれもステキですが今回は
チェコの国外に出るのは初めてという大作「スラヴ叙事詩」が見もの。
何しろ大きな作品が20点全部揃うというので
もう二度と見られないかもしれないものですね。

最後の部屋が撮影OKになっていてちょっとビックリしました。
でも、作品が大きくて収まりきれない~(笑)

ミュシャ展作品

左の作品が「聖アトス山」という絵で、
右側のは「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」。
「叙事詩」なのでどの作品にもはっきりとしたストーリーがあり、
チェコの歴史を感じさせます。
何しろ大勢の人が描かれていて、実際に村人たちに衣装を着せてポーズをとらせ
描かれたもので、とってもリアル。

「スラヴ民族の賛歌」というこれがシリーズ最後の作品。

スラヴ民族の賛歌

どうやって描いたのかと思う大きさと迫力です。

題材や人物もすごいけど、色がまたすごかった。
色の組み合わせが見事、地球の実りの色に統一されているんですね。

最初、その色合いのせいか、
全体が暖かさのあるほんわりした感じに見えたんです。

でもこの日、自分の目の調子がイマイチで見えづらくて
いったん目を閉じ、「美しく見よう」と思い直して目を開けました。

すると!!!

なんと、色彩が見事にクッキリと浮かび上がり、
違う絵に見えるほどになりました。
そうか、自分の目や感性ということと、作品の持つナニかと
そういうものがコラボして初めて
「作品を鑑賞する」ということが成り立つんだ。。。と思いました。

もっと心してみなくては。

美術展に行ったらランチはお楽しみ。ということで
六本木ヒルズまで歩いてきました。

オムレツサンド

エッグセレントのオムレツサンド。
グルテンフリーのパンだとか。
ホカホカで美味しかったです。

 

 

 

関連記事

ゴントラン・シェリエイカ墨フォカッチャ

ゴントラン・シェリエに行ってみた

軽いランチに、と寄ったのは、最近話題のパン屋さん、ゴントラン・シェリエ。 新宿サザンテラス

記事を読む

夕焼けだんだんの猫

谷中にて「やっぱり猫が好き」イラスト展

東京、谷中に友だちの個展を見に行きました。 「やっぱり猫が好き」という展覧会は、 ま

記事を読む

和のあかり 祭の提灯

和のあかり×百段階段 行ってきました

東京、目黒雅叙園で9日まで開催されている「和のあかり×百段階段」 友だちと一緒に見てきまし

記事を読む

シクラメン写真出品

Photo is 3万人の写真展2015

セピアにしたシクラメンの写真を出品しました。 東京六本木、東京ミッドタウンのイベント、Ph

記事を読む

街路樹の葉

炎天下 池袋界隈

  暑い日が続いています。 いきなり、軒並み30℃以上というのはちょっと行

記事を読む

タムケヤマ

幣もとりあえず

  このたびは 幣も取りあへず 手向(たむけ)山 紅葉(もみぢ)の錦 神のまに

記事を読む

ビールとトマト

夏のアイテム

夏野菜あれこれ。 ときどき参加している写真の部活で、 夏のアイテムを持ち寄って撮影し

記事を読む

表参道ツタの葉

表参道と本とクロワッサン

先日のお散歩は、まだ紅葉には少し早い東京・表参道のケヤキ並木。 あちこちから紅葉の見ご

記事を読む

アニー・リーボヴィッツ写真

アニー・リーボヴィッツ写真展

東京、東雲で、「アニー・リーボヴィッツ 世界10都市巡回展」を見てきました。

記事を読む

紅梅

谷中を歩く

紅梅。寒い寒いと思っていますが、確実に春が近づいていますね。 それでも梅の花、ちょっと遅れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


デンマークの刺繍ドロンワーク

白い布の糸を抜いて刺繍をほどこし、窓が開いて模様になるんですね

手作りカレーパン
カレーパンとライ麦パン

できた~♪ 初めてのカレーパン、揚げたてアツアツです! 幸せ

ウランガラスのお皿
ウランガラス

チェコのアンティークガラスというものを見てきました。 浅草の

梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑