*

ナゾのオレンジ色

オレンジの川

散歩をしていると、いろいろなものに出くわします。
ときにはびっくりするようなものにも。

今回、新河岸川旧流路ビオトープを流れるせせらぎで見かけたものは
こんなものでした。↑↑↑

よく澄んだ水が流れているんですが、
なぜにオレンジ色????

しかも、川底はまるで毛布のような質感に見えるんです。
汚れとか、泥とかが積もっている、というのとも少し違うよう。
水はあくまで透明で、何かが沈殿しているようです。
温泉が流れ込んでいる場所などでは、鉄分など、いつくかの成分が
このようになることがあるらしいのですが、
このあたりに温泉という話も聞きませんしね~。

微生物の塊のようでもあり。。。

ナゾです。

ちょっと調べたところ、川底がオレンジ色になっているのであれば、
酸化鉄のせいらしいですね。つまり、鉄のさび。
水中には微量の鉄が溶け込んでいて、
鉄を利用する微生物(鉄酸化細菌とか鉄バクテリアなど)が、
水中の鉄を取り込んで利用しているそうです。
鉄を取り込んだ細菌が死ぬと、細菌の中の酸化鉄が残って、
川底にたまっていくのだとか。

川底に酸化鉄がたまっていても、通常は生体系にはあまり影響ないそうです。

このあたりが納得いく説明でしょうか。
お散歩していると、とても勉強になります。

関連記事

新河岸川ビオトープ

新河岸川旧流路ビオトープ

ふじみ野市にある福岡高校脇、 新伊佐島橋のたもとにビオトープがあります。 左岸は富士

記事を読む

自衛隊機

やたら飛行機、自衛隊機

ふじみ野市は近くに自衛隊の基地がある入間や朝霞が近いこともあって、 しょっちゅう自衛隊機が

記事を読む

田舎の風景がいいね

田園風景。。 このあたりは住所としては富士見市になるのかな?? 新河岸川近くの田んぼ

記事を読む

夕焼け

台風過ぎた

  まだまだ強風が吹き荒れているふじみ野地方ですが、 台風は抜けて、雨はや

記事を読む

霜の朝

凍りつく朝

  冷え込んで一面に霜に覆われた今朝。 雪は積もらなかったけど、凍りついた

記事を読む

ひまわりと風

ひまわりの季節

風を感じるひまわりの姿。 おお、「風に立つライオン」って感じしませんか。 まだ梅雨明け

記事を読む

年越しそば

大晦日

曇りのち晴れ、ピカピカの青空になった大晦日、穏やかな年末です。 富士見市のお船山というとこ

記事を読む

川越の看板

唐突に川越です

川越はこちら、という案内板。 とっても唐突なのは、ここが池袋駅東口だってこと。 だっ

記事を読む

朝もやの江川

江川は朝もや

  江川はふじみ野を流れる小さな川です。 今ではほとんどの部分が蓋をされて

記事を読む

麦秋

麦秋

  一面の麦畑。だいぶ色づいてきました。 五月は麦秋、麦が実る季節ですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


デンマークの刺繍ドロンワーク

白い布の糸を抜いて刺繍をほどこし、窓が開いて模様になるんですね

手作りカレーパン
カレーパンとライ麦パン

できた~♪ 初めてのカレーパン、揚げたてアツアツです! 幸せ

ウランガラスのお皿
ウランガラス

チェコのアンティークガラスというものを見てきました。 浅草の

梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
  • This error message is only visible to WordPress admins

    Error: There is no connected account for the user 1425173335 Feed will not update.

PAGE TOP ↑