*

紫の石

パープルフローライト

正月早々、撮影していたのは石。
昨日、初日の明るさの中、ちょっとカメラを向けたくなったこの石は、
ぶどうジュースの化石。(ウソ)

紫色の蛍石、フローライトです。確かメキシコ産だったような。。
ずいぶん前に買ったので忘れてしまいましたが。。

パープルフローライト

あんまり透明度はないです。
買ったときは埃っぽくてガサガサした印象でした。

でも最近、シルキーな艶を増して、部分的に光に透けるところも出て
角のエッジが鋭くなったような気がするんです。
気のせいか??と思いつつも、やっぱりキレイになってるよね??と思って
写真撮ってみました。

う~ん、写真ではっきり分かるほどではないか。

そう思いつつ、感じるのは、
ものを見るとき、人って
光(可視光線)による視覚情報だけで見てるわけじゃないよね?ということ。

なんとなくの空気感とか肌感覚とか
とっても立体的な感覚だよね、ということ。

それは機械の目であるカメラでは写せないことも。

人の目は多元的、機械の目は単次元的。

purple fluorite

けれども、動かないはずの鉱物が
変化して見えるというのは不思議。

いや、不思議と思っていたけど、変化する方が自然だとしたら?

動かないはずの石をじっと見て、いろいろに思いが動く人の身なのでした。

 

 

 

関連記事

天然石万華鏡

万華鏡を作る

鮮やかな青はカバンサイトという石の色。 そのほかにも、アメシストやアパタイト、シトリン

記事を読む

フローライトタンブル

フローライト

梅雨。きょうもふじみ野地方は雨。 雨の日は光が優しい。影があまりできないので。

記事を読む

レインボークオーツ

レインボークオーツ

水晶のボールの中に出現した虹。 無色の水晶ですが、光を受けてくっきりと虹が出ます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

子どもの本クーベルチップ
チェコの絵本を見に行きました

横浜にある子どもの本の店、クーベルチップに来ました。 チェコ

我が家のサボテン花二つ
我が家のサボテンも咲く

今年も! 鉢植えのサボテンが花を咲かせてくれました。 先日の

demianの本
【本】デーミアン

ヘルマン・ヘッセの「デミアン」。100年前の著作です。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑