*

雅な国際フォーラム

旛

東京国際フォーラムに雅な空間ができていました。

新春特別企画の「宮廷文化・今昔物語」という展示で、
「明治元年(1868年)から150年目の節目に、日本の宮廷文化の貴重な資料を新春企画として特別展示。大正天皇即位式の模型・等身大宮廷装束などの展示に加え、平安時代の源氏物語六條院神殿を1/4模型で再現しました。」

十二単が豪華にずらり。。

十二単

 

こういう歴史的なことには全然詳しくないんですが、
十二単が時代とともにこうしていろいろに姿を変えているのは興味深かったです。
上の真ん中のが現代、一番新しいタイプ。
下段の真ん中と右はとっても古いタイプ。。確かに。

それから、レプリカだそうですが、天皇の装束。
そうそう、平成の即位式のときに見た覚えのあるのは
右の写真の黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)。

天皇の装束

この金色の装束は明治天皇のときから即位式に用いられているんだとか。
色は昼間の日の光を表しているんだそうです。

左の写真は御引直衣(おひきのうし)という装束。
説明によると:
「御引直衣は天皇の召されるもの、御直衣の袖を引かれるのでこの名があります。御即位礼の時、神宮、神武天皇山稜、前四代の天皇山稜に対する勅使発遣の儀にお召しになります。」とある。

真ん中の真っ白のは御祭服(ごさいふく)で、最も清浄かつ神聖な御服装。
純白生織りのままの絹地で作られているそうです。

うーん、知らないことばかりだ~。勉強になります!(笑)
どれもほんとに美し~。。こういう文化、素材、技術、
古くからずっと持ってきたことを改めて感じる場面が増えるお正月っていいね。

等身大の人形で展示されている源氏物語。
こういうのを見ると、ちょっと読んでみたくなるのだけど、
いつも、読めるかなあ。。と立ち往生してしまうのですね。

源氏物語風景

漫画では読んで、とってもよかったし、現代語版もいろいろでているから
いつか読んでみたいです。

昔の貴族の風景を見ると、豊かだったんだなと思いつつ、
自分の感想がとっても陳腐で情けない(汗)。

池の風景

忙しく人が行きかう空間で、急にタイムスリップしたような場面に出くわし
お正月からちょっといいものを見て得した気分です。^^

 

 

 

 

関連記事

骨董市

古いもの

東京国際フォーラムで定期的に開かれている「大江戸骨董市」。 友だちと出かけてきました。

記事を読む

アニー・リーボヴィッツ写真

アニー・リーボヴィッツ写真展

東京、東雲で、「アニー・リーボヴィッツ 世界10都市巡回展」を見てきました。

記事を読む

雪の結晶

雪の結晶

数日前から雪の予報が出ていたふじみ野地方です。 朝からどんよりと曇っていました。 窓

記事を読む

吹きガラス体験

川越歩きでガラス体験に

重厚な蔵造りの街並みは川越。 最近はすっかり観光客が増えて、街並みもさらに磨きがかかってま

記事を読む

さとこさん

歌を奏でる人に会う

  東京池袋の天狼院書店フォト部。 きょうは、なんと、ライブ! 歌い

記事を読む

霜の朝

凍りつく朝

  冷え込んで一面に霜に覆われた今朝。 雪は積もらなかったけど、凍りついた

記事を読む

月映(つくはえ)見てきました

東京駅にある東京ステーションギャラリーで開催中の「月映」という展覧会。 そういうものがある

記事を読む

もみじの写真

30,000人の写真展

東京六本木の東京ミッドタウンで開催中の写真展 30,000人の写真展2014に行ってきまし

記事を読む

ロメロ・ブリット展から

ロメロ・ブリット展

ブラジルを代表するアーチスト、ロメロ・ブリットの展覧会に行ってきました。 これまで知らなか

記事を読む

弘明寺でおいしい

弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。 まずは気になっていた評判のパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


デンマークの刺繍ドロンワーク

白い布の糸を抜いて刺繍をほどこし、窓が開いて模様になるんですね

手作りカレーパン
カレーパンとライ麦パン

できた~♪ 初めてのカレーパン、揚げたてアツアツです! 幸せ

ウランガラスのお皿
ウランガラス

チェコのアンティークガラスというものを見てきました。 浅草の

梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑