*

我が家のサボテンも咲く

公開日: : 最終更新日:2018/06/23 梅雨 rainy seazon, 植物 plants, 花 flower/blossom ,

うちのサボテン咲く

今年も! 鉢植えのサボテンが花を咲かせてくれました。
先日のご近所の巨大サボテン鬼面角とよく似ているんですが、
名まえがいまだに分かりません。

もう我が家に40年以上。
鉢植えなのであまり大きくなっていませんが、柱サボテンの一種ですね。

昔はもっと真っ白の花だったんですが、
年々外側の花びらがほんのりとピンク色になり、それがまた美しい。

今年はサボテンの花2輪

そういえば、子どもの頃、
サボテンは霊感が強いから人の話を聞いていると言われてました。
だからサボテンに接するときはちょっと緊張したりして。。

サボテン2つ咲く

でも今思えば、サボテンに限らず植物たちは
人のことをとてもよく見ている、感じているに違いないのですよね。

動けない植物たちは環境を感じ取る力がとても強いと思えます。
そして人はしっかり利用されている面もあると。。

人が美しいと思い、気に入ってくれれば、かわいがったり
あちこちに植えたりしてくれるから
植物にとってはタネを飛ばすより効率よく子孫繁栄になるんですもん。

サボテンの花横顔

地球に暮らしているのは人だけじゃない。。
いや、むしろ人なんて数からいえば少数派。

ただ力ばかりが強いので影響は大きいから、
他の生き物たちのことを良く見て、感じて
一緒に暮らしていくことをこれまでよりは考えていかないとね。

地球はひとつなんだから。。なんて思ってしまいます。

うちのサボテン咲きました

ウチのサボテン。きっと生まれ故郷から遠くの
こんなジメジメした国に来て、不満だったかもしれないけれど
こんなにきれいに咲いてくれて。

いつもなら、蒸し暑い夜の8時頃に開き始め、
朝、日が高くなるとしぼんでしまうのですが、

今年は朝に咲いて翌日までもってくれました。
気温が少し低かったせいかも知れません。

いつもと違うことが多い今年。
気温変化もいつになく大きくて、植物たちも大変なんじゃないかと思います。

 

 

 

関連記事

白のサルスベリ

雨の合間に

初秋のこの時期。意外と花の合間だと思っていたけれど。 ミソハギの花を見つけました。

記事を読む

ケイトウの花にお客さんが

鉢植えに居候して伸びたケイトウの花に イチモンジセセリのお客さんが来ました。 ケイト

記事を読む

赤紫蘇

赤紫蘇の撮り方

  夏から秋にかけてのこの時期には、 畑で大きく育った赤紫蘇がたくさん見ら

記事を読む

コンフォール上野台の緋寒桜

緋寒桜満開

ふじみ野市上野台です。中央公園のすぐそば。 緋寒桜が満開になっていました。 新しくな

記事を読む

ハクロニシキ

ハクロニシキ

  ハクロニシキ(白露錦)の新芽がとてもキレイです。 日本や朝鮮半島に

記事を読む

青いギンナン

もうギンナンいっぱい

台風が来て、梅雨明け発表があって、 いきなり猛暑に見舞われているふじみ野地方です。

記事を読む

シクラメン満開

シクラメン満開

シクラメンが満開になった我が家です。 もう世のシクラメンはとっくに終わってる時期ですケド。

記事を読む

キンモクセイ

キンモクセイ

今年はあまり花がついていないな。。と思っていたけれど 遅れて花盛りになったキンモクセイ。

記事を読む

白梅

梅満開

  梅が満開になりました。ふじみ野地方です。 今朝はものすごく冷え込ん

記事を読む

ひまわりと風

ひまわりの季節

風を感じるひまわりの姿。 おお、「風に立つライオン」って感じしませんか。 まだ梅雨明け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


デンマークの刺繍ドロンワーク

白い布の糸を抜いて刺繍をほどこし、窓が開いて模様になるんですね

手作りカレーパン
カレーパンとライ麦パン

できた~♪ 初めてのカレーパン、揚げたてアツアツです! 幸せ

ウランガラスのお皿
ウランガラス

チェコのアンティークガラスというものを見てきました。 浅草の

梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑