*

梅雨の風景

雫

雨の風景をいくつか。

昔みたいに、しとしと雨が何日も続くという梅雨ではなくなって
ゲリラ豪雨がいきなり襲うというような極端なことになって数年。。。

地震の後の九州などではさらに雨による被害も出ていていますが
それほど極端でなく雨の降っているふじみ野です。ありがたや。

雨の風景

昔は梅雨時が嫌いでした。雨も嫌いだった。湿った気候もイヤだったなあ。

今でもカラッと晴れた日の方が好きだけど、
梅雨の薄暗い中、深い緑や見通しのきかない空気や
そんなものにそーっと隠れている微細な(霧雨の粒みたいな)気配が
なんとなく趣があるなあと思うこの頃。

日本画の中にある中間調の色彩はこんなところから来るんだろうなあ。

無限のグラデーション、無限の奥行き。

トクサ

このトクサ、地蔵院にたくさん生えていました。
これも最近少なくなってあまり見ません。

これ、すごく古いスタイルの植物で恐竜時代からこんな姿らしいんですが
そんな古い植物をしっとりとした雨の中で眺めるのも感慨深い気がしました。

じっと静かな雨の日って、使いよう。。
こうして多くの風景があるところに住んでるってことは
いろんな角度の感性に磨きがかかるってことね♪

 

 

 

関連記事

オレンジのモミジ

今年はオレンジのもみじ

いつも紅葉がキレイな近所の八幡神社のもみじ、 今年は深紅にならず、オレンジ色です。

記事を読む

砂川堀

午後の陽ざし、砂川堀あたり

  光がキレイな午後。 リズムタワーとアイムふじみ野のツインタワーが見える

記事を読む

さあ、飛ぶよ

新緑が美しいイロハモミジ、タネが実ってきました。 飛ぶよ!と言わんばかり。 花が羽に

記事を読む

武甲山

武甲山

よく晴れているふじみ野地方です。晴れると、西の方向に山がよく見えます。 秩父連山、この三角

記事を読む

冬田んぼ

冬野原

  冬の田んぼ周辺、枯れ野原です。セイタカアワダチソウ綿毛が光ってキレイ。

記事を読む

鬼面角の花

朝の庭

サボテン、鬼面角が今年も花をつけたよ~とご近所さんから連絡をもらい 早朝5時からお邪魔して

記事を読む

demianの本

【本】デーミアン

ヘルマン・ヘッセの「デミアン」。100年前の著作です。 光文社の「古典新訳」という文庫

記事を読む

早朝、サボテンの花

大きなサボテン、鬼面角(きめんかく)の大きな花が今年も咲きました。 サボテン咲きはじめたよ

記事を読む

パネトーネ

パネトーネ

かわいいミニサイズのパネトーネ。 今年はなんと、パネトーネを手作り~! ふじみ野のパン教

記事を読む

鬱金桜

鬱金

淡い緑色の花びらが魅力的な鬱金桜。 毎年楽しみにしています。 ふじみ野駅から近い勝瀬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


デンマークの刺繍ドロンワーク

白い布の糸を抜いて刺繍をほどこし、窓が開いて模様になるんですね

手作りカレーパン
カレーパンとライ麦パン

できた~♪ 初めてのカレーパン、揚げたてアツアツです! 幸せ

ウランガラスのお皿
ウランガラス

チェコのアンティークガラスというものを見てきました。 浅草の

梅雨明け、日の暈

観測史上最も早い梅雨明けだそうです! だってまだ6月!もう夏

弘明寺でおいしい
弘明寺でおいしい出会い

チェコの絵本を見て、 お腹すいたのでランチに行くことにします。

→もっと見る

  •   
  • Flag Counter
PAGE TOP ↑